三重の企業人たち

あなご 魚長

海の幸魚長 / 赤須誠一

【取材/2013年】 鈴鹿・若松の「魚長」。「穴子」といえば「魚長」と思い浮かぶほどの有名店だ。その成功は、穴子を求めて東奔西走した、赤須誠一の努力の結果だった。 父の急死と混乱  魚長の創業は昭和5 …

桑名三重信用金庫理事長 / 中澤康哉

2020/01/31   -三重の企業人たち

北勢および中南勢を掌中にできた。しかし、規模の拡大がサービスの低下につながってはならない。まずは、自行の内部を整え、労働力不足の解消に知見を絞り、働き方を改革して体力を付ける。その上で、2行の企業文化 …

永井規夫 ナベル

株式会社ナベル社長 / 永井規夫

2020/01/27   -三重の企業人たち

ユニークな発想で業界全体を主導する株式会社ナベル。国内NO.1蛇腹メーカーとして、ユニークな製品の開発に日々チャレンジする永井社長にお話しを伺った。 創業について  1972(昭和47)年、父がカメラ …

中外医薬生産株式会社 田山社長

中外医薬品生産株式会社社長 / 田山雅敏

2020/01/27   -三重の企業人たち

「奉私奉公(ほうしほうこう)」の精神で仕事を充実したものに 会社内で居場所は自身で努力して勝ち得るもの。働く意欲を高く保ち、改善を繰り返しながら会社に貢献。そして、仕事を通して人間形成。それが、日本型 …

小畑英慎

おばたレディースクリニック院長 / 小畑英慎

2020/01/27   -三重の企業人たち
 

安心、安全をベースに、きめ細やかで快適なお産をサポート お産をとりまく状況は一昔前に比べ様変わりしている。産科医不足が進み、分娩施設は減少の一途を辿る。少子化を背景に、このままの状態が続けば日本は人口 …

マイクロキャビン 田中秀司

株式会社マイクロキャビン社長 / 田中秀司

2020/01/23   -三重の企業人たち
 

パソコン黎明期の1980年代に「ミステリーハウス」「めぞん一刻」などのゲームをヒットさせ、パソコンゲーム業界で不動の地位を確保した株式会社マイクロキャビン。現在は事業環境の変化に適応しつつ、これまでに …

株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム / 松尾尚之社長

2020/01/23   -三重の企業人たち

食と農業の正しいあり方を学ぶ「食農学習の場」 かつて農業は命を育てる営みであった。働く人は、生物の命を育て、育った命に育てられながら大きな循環の中に生きていた。しかし、いつからかその意義が薄れ、今や労 …

株式会社伊賀越 / 本城和寿社長

2020/01/23   -三重の企業人たち

国産原料と天然醸造が生み出す?本物の味で消費者の強いナチュラル志向に応え、また、ハラール対応や子どものアレルギー対応にも目を配る。細やかな視点で社会のニーズを捉え、グローカルに事業を広げて行く。 貴 …

堀製麺

株式会社 堀製麺

2020/01/22   -三重の企業人たち

老舗食品メーカーに訪れた売り上げ半減の危機。 それを乗り切るために手がけたのが、新商品の開発だった。納入先の要求を蹴って、オリジナルの麺に活路を見い出した。ビジネスを自分たちの手に取り戻すために。 創 …

株式会社 シー・ティー・ワイ / 塩冶憲司社長

2020/01/22   -三重の企業人たち

四日市市本町に本社を置くケーブルテレビ局「シー・ティー・ワイ」は今年1月31日、開局25周年を迎えた。地上デジタル放送、多チャンネル放送(CS・BS)、インターネット、緊急地震速報サービスを提供してい …