PERSON~三重の人物紹介

ジャズ喫茶どじはうす / 小澤幸子

どじはうす

 オーナーの小澤幸子(さちこ)さんがジャズ喫茶「どじはうす」をオープンさせたのは80年のこと。平田駅近くの9坪という小さな店だった。
「喫茶店がやりたいという弟のために主人が借りたんですけど、弟さんが『こんな小さな店は嫌だ』って言うんです。でも、もう借りてしまって返せない。主人は仕方なく『お前やれ』って(笑)」。
 しかし普通の主婦だった幸子さんは、喫茶店の経営どころかコーヒーのたて方さえわからない。
「どうせわからないんだったら、一日中好きなジャズが流れてるお店にしよう!」。
 この偶然のようなきっかけで、ジャズ喫茶・初代「どじはうす」は誕生した。
 わからないなりに必死でやっているうちに常連のお客さんも増え、コーヒーのたて方もうまくなった。
 お店の方が軌道に乗ってくると、幸子さんは-ライブがやりたい-と思うようになってきた。
「東京でも京都でもジャズのライブをやるお店はたくさんあるのに、三重にはないじゃないですか。それが悔しくて」。
 ライブをやる!と決意した幸子さんは、会場を探しはじめた。幸い、使っていない関西電波の倉庫と、平安閣を使わせてもらえることになった。ただし平安閣が借りられるのは仏滅の日だけ。
「でもライブって、うまい具合に仏滅に入ってくれませんよね(笑)。特に外国のミュージシャンだと、お話があったら即答しなきゃダメなんです。でも会場を押さえてからじゃないと返事ができない。そんなジレンマがあって、ライブができる広いお店を持ちたい、と思うようになったんです」。
 そして平成元年、幸子さんは現在の場所に2代目「どじはうす」をオープンさせる。開業資金は銀行から借りた。多額の借金だった。
 たいへんな想いをしてスタートさせた「どじはうす」だったが、スタッフにも恵まれ経営は順調だった。新たにお酒を扱うことにしたのだが、幸子さんはお酒のことなどさっぱりわからない。お客さんに教えてもらうことも多かった。
「私が好きなのはジャズだけ。他のことは何も知らないんです(笑)」。
 念願のライブも定期的に開催できるようになった。国内外の有名なアーティストが来演した。「どじはうす」は三重のジャズファンで知らぬ者はない有名店となっていった。
 しかし3年後、幸子さんはくも膜下出血で倒れてしまう。入院とリハビリの日々。そんな幸子さんを支えたのは、ライブを手伝ってくれていたスタッフの人たちだった。その人たちのおかげで、幸子さんは再び「どじはうす」に復帰することができた。
 ご主人が東京に転勤することが決まった時、幸子さんは持病のある御主人の身体を気遣って、東京についていくことにした。こうして「どじはうす」は休業することになった。
 幸子さんにとって7年間の東京生活は楽しかった。ライブはもちろん、歌舞伎、演劇、バレエなどを観てまわった。武蔵大学の聴講生になって若い学生たちと一緒に勉強もした。
「この際だから、三重では観れないものをいっぱい観て、いろんな経験をしてやろうって思ってました」。
 ご主人の東京勤務も終わり、三重へ帰ってきた幸子さんは、さっそく「どじはうす」を再開させる。常連だった人たちが再開を知ってお店にかけつけた。誰もが「どじはうす」が変わってないことを喜んだ。
 最後に「どじはうす」をどんなお店にしていきたいか聞いてみた。
「若い人にレコードの音を聴いて頂きたいですね。特に50~60年代のレコード。アナログの音って、心に沁みてくる音なんですよ」。

オーナーの小澤幸子さん
彼女のJAZZとの出会いは中学1年のとき。洋画にハマっていた彼女は、映画の中で使われるJAZZの名曲にも夢中になった。「私にとってJAZZを聴くのは自然なことで、特別な音楽とは思いませんでした。プレスリーを初めて聴いた時も新鮮で素敵だと思いました。音楽にしろ、映画にしろ、とにかくハイカラなものに憧れましたね。当時は、みんなの気持ちが外へ外へと向っていたような気がします」。
※店内の石造りのパーテーションには、来演ミュージシャンのサインが。ルー・タバキン、デビィット・マレー、ルー・ドナルドソン、マル・ウォルドロン、山下洋輔、日野皓正、渡辺香津美、綾戸智恵、秋吉敏子など、早々たる顔ぶれ。

ジャズ喫茶 どじはうす

鈴鹿市南玉垣町5536-3
電話 059-383-5454
営業 14:00 – 23:00
定休日 月曜・火曜
※ときどき臨時休業するかも?

(Visited 1,880 times, 1 visits today)







-PERSON~三重の人物紹介
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

寺嶋誠志

プロゴルファー / 寺嶋誠志

三重のプロゴルファーの草分け的存在にして、中部ゴルフ界の要職を歴任する重鎮、寺嶋プロ。ゴルフと共に生きたその人生を、かけ足でインタビューしてみた。 – ゴルフを始めたきっかけは?  小学校 …

あんだぁれ70

三重混声合唱団 あんだぁれ70

サン・ピエトロ大聖堂での奉納演奏 2012年に四日市の市民合唱団として誕生した『あんだぁれ70』。総勢70名という近年の合唱団としては圧巻の人数を誇る『あんだぁれ70』の設立から今日までを、音楽監督の …

阿部俊樹 しなやかファーム

しなやかファーム / 阿部俊樹

脱サラして農業をはじめる人は少なくない。しかし、農業を始める前からSNSでその過程を発信し続け、野菜も作ってないのに「阿部さんの作ったきゅうりを食べたい」という人がたくさんいたという、超かわり種の農家 …

ばんこの里会館館長 / 数馬桂子

誕生から幼少期  生まれは大分県の別府市です。1947年生まれですから太平洋戦争が終わって2年目の時です。  父は南洋諸島のトラック島で無線技師をしていたそうです。トラック島は玉砕しているところなんで …

no image

ヘルプマークアンバーサダー / 田中麻利絵 2

ヘルプマークの普及活動をしよう!と決意  周りの人がヘルプマークのことを知ってたら、わざわざ「私、病気です」なんて書かなくてもいいですよね。病気の名前って言いたくない人もいますし。だから、ヘルプマーク …