三重の歴史

明治維新裏面史 偽官軍事件

【寄稿】元四日市市職員・日本考古学協会会員 北野 誠

 明治維新は、日本を近代国家にするための出発点となったが、この明治維新に「偽官軍事件」という四日市を舞台とした幕末の悲話があった。
 維新の火ぶたを切った鳥羽・伏見の戦い後、勝利した薩長の官軍は征討組織・東征軍をつくり、江戸に向って大進撃を開始した。この東征軍の先鋒隊として綾小路俊実と滋野井公寿の二人の公卿と、下総国(現在の茨城県)の草莽・相楽総三(本名小島四郎)を盟主とする「赤報隊」が結成された。名前は「赤心を持って国恩に報いる」という意味からつけられた。
 慶応四年(明治元年)正月十日、琵琶湖・湖東三山の名刹金剛輪寺で旗上げした赤報隊は、維新政府の許しを得て「御一新」と「年貢半減令」をかかげて進軍した。しかし維新政府の財源確保で年貢半減が不可能になると「偽官軍」の汚名をきせられ、「強盗無頼のやから」として数人が四日市の三滝川の川原で処刑されてしまった。
 犠牲となったのは山本太宰・綿引富蔵・小林雪遊斎(安藤石見介)・赤木小太郎(赤城小平太)・川喜多真彦・佐々木可竹・玉川熊彦・小笠原大和の八人とあるが、一説よると三人とも言われている。赤木小太郎(赤城小平太)は小室左門の変名、玉川熊彦は綿引富蔵の変名であり、大政官作成の文書によって「墓碑建設ヲ許ス」とされる川喜多真彦の墓碑は今だ明らかでない。
 泊山墓地公園の無数の墓石が立ち並ぶ広大な敷地の一角に、小室左門と綿引富蔵の二人の墓碑がある。茨城産の〝斑石〟と思われる墓碑は、二十センチ四方で高さ八十センチを測り、「水戸藩士」の下に姓名が刻まれている。
 処刑されたのは、明治元年正月二十七日のことで、小室左門二十六歳、綿引富蔵二十九歳であった。墓碑は、明治三十年頃に子孫が建立したらしく『地方発達史と其の人物』(昭和十年十二月一日発行)では現在の栄町の松月庵境内にあったと記す。

(Visited 799 times, 1 visits today)







-三重の歴史
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

三重人物伝 – 川村 瑞賢

東廻り航路、西廻り航路の開拓により高校の教科書にも載る、江戸屈指の豪商・河村瑞賢。一代で財を築いた豪商の多くが吉原や柳橋で遊興にふけったのとは対照的に、瑞賢は材木商として成功した後、海運航路の整備、築 …

松尾芭蕉

松尾芭蕉と奥の細道

松尾芭蕉は三重県伊賀市出身の江戸時代前期の俳諧師。和歌の余興だった俳諧を、蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風として確立し、後世では俳聖として世界的にも知られる、三重県の誇る、日本史上最高の俳諧師だ。 …

唯一現存する伊勢・古市遊郭 / 麻吉旅館

 江戸の吉原、京都の島原、長崎の丸山、大阪の新町と並び、江戸時代には「五大遊郭」と言われた伊勢の「古市」。ここはかつて、お伊勢さんへの「おかげ参り」の帰路、旅人の「精進落とし」で栄え、「伊勢参り、大神 …

四日市発日本行き 都市開発歴史物語~発展の礎築く関西鉄道

寄稿 / 元四日市市職員・日本考古学協会会員 北野 誠 関西鉄道と書いて「かんさい」鉄道ではなく「かんせい」鉄道と読むのが正しく、現在のJR「かんせい」本線でなく「かんさい」本線の前身であるので、日本 …

戊辰戦争150年記念「戊辰戦争と桑名藩」

幕末に活躍した桑名藩。大政奉還150周年を記念した昨年の特別展「幕末維新と桑名藩―一会桑の軌跡―」(10.21-11.26)は盛況を博した。数々の展示品には武家政権の終焉と近代日本の幕開けに対峙し困惑 …