福島原発に水を注入せよ~中央建設株式会社

日本大震災の津波による福島第一原子力発電所は制御不能となった。東日本が壊滅する-そんな日本の危機を救おうと、三重のとある会社が名乗りを上げた。四日市の中央建設株式会社だ。

「ウチのポンプ車ならできる」と原子炉への注水を志願

 3月17日、自衛隊によるヘリコプターでの福島第一原発3号機への注水が行われた。しかしヘリコプターから投下された水は霧状になり、炉心にほとんど届いていないように見えた。テレビ映像を見た誰もが「あれで本当に効果があるのか?」と疑問に思ったはずだ。中央建設の長谷川もその時、テレビを観ていた。彼は思った。「あれではダメだ。うちのコンクリートポンプ車を使えばもっと効率よく水を入れられる」。
 コンクリートポンプ車は、ビルやマンションなどの高層階に生コンクリートを送り込む特殊車両。中央建設が保有するドイツ・プツマイスター社製コンクリートポンプ車の車載アームは最長52メートル。52メートルのアームを持つポンプ車は日本に3台しかなく、中央建設が2台、岐阜の丸河商事が1台保有していた。下から水をかける消防車と違い、上から水をかけることができるポンプ車なら的確に目標に注水することができる。
 「機械があってやり方もわかってるのに、手を挙げないのは卑怯だろ。仙台の同業者たちも(※①)電話で『頼むから水かけてくれ。こっちは危ないんだ』って必死で頼まれたし」。
 さっそく長谷川は民主党の議員を通して「ウチのポンプ車を注水に使って欲しい」と東京電力に申し出た。すぐ東京電力から感謝の連絡が入った。しかし、なぜか18日になっても、19日になっても、出動要請はなかった(※②)。長谷川は今度は公明党の樋口四日市市議を通してポンプ車の提供を申し出た。すると20日の夕方、やっと敦賀の原子力安全保安員から電話が入った。
 「すぐ福島へ出発して下さい」。

キリン作戦開始

 長谷川は社員に福島行きの志願者を募った。皆が尻込みする中、30代の社員が3人名乗り出た。「誰かがやらなければいけない」。3人の思いは同じだった。大急ぎで水やコンロ、作業着を積むと、2台のポンプ車はその日の夜11時過ぎ、福島に向けて出発した。行き先は小名浜の東京電力の連絡所だった。
 このミッションは「キリン作戦」と名付けられた。ポンプ車は警察の許可証を貼って高速をひた走った。途中、警察官たちが「頑張って下さい」と声をかけた。その様子は「民間からの決死隊」としてインターネットの掲示板で速報され、「今、○○を通過した」「がんばれ」といった書き込みが掲示板に並んだ。
 21日の昼、2台は小名浜に到着した。小名浜には自衛隊や消防署員や東京電力の下請けの社員が集まっていた。丸川商事のポンプ車と、ブツマイスター社所有のアームが58メートルのポンプ車もほぼ同時に到着した。このポンプ車は、プツマイスター社が東南アジアへ輸出するため横浜港に保管していたもの。政府の要請で急遽福島に向かうことになったが、途中、車両トラブルで立ち往生していた。しかし、なんとか修理を済ませ、やっと現地に到着したのだった。

現地は大混乱だった

 いざ到着してみると、現地は大混乱だった。集合した小名浜の公民館は、電気もないしトイレも流れない。真っ暗な中にたくさんの人が集まっていた。東京電力の社員は1人しかいなかった。しかも、現地を詳しく知る者は皆無だった。どっちへ行ったら福島原発なのか?それすら誰もわからない。先発隊が途中で迷子になった。そんな現地の混乱をよそに、東京電力からは指示のファックスが次々と送られてきた。
 「最初の話ではポンプ車の使い方を教えるだけという話だったのに、現地に行く作業員名簿の中にうちの社員の名前が入っていた。話が違うと思った。でも誰に文句を言っていいかもわからない。それほど現場は混乱していたんです」。
 中央建設の社員3人は作業員たちにポンプ車の使い方をレクチャーしたが、一朝一夕で覚えられるものではない。3人のリーダーのA氏は仕方なく「これではどうにもならない。現地まで行こう」と決意した。
 しかし、なんと防護服がなかった。
 「他人の脱いだやつを着ていけと言われたんです。それはいくらなんでも嫌でした」。
 一方、四日市の中央建設に待機している長谷川の元には、東京電力から射能量の測定結果のファックスが刻々と送られていた。見ると、北西と南向きが濃かった。社員たちがいる小名浜は濃かった。
   「福島の人は新潟に向って逃げたんだよ。後から知ったんだけど、そのデータが全然活用されてなかった。国が早くそのデータを公表すれば、どこへ逃げればいいかわかったのに」。

集められた作業員が一晩でいなくなる

 22日、注水作業が始まった。使われたのは横浜港から来たブツマイスター社所有のポンプ車だった。中央建設の3人はポンプ車を小名浜に残したまま、とりあえず埼玉県の川越に避難し、そこで待機することになった。丸川商事のポンプ車も川越にやって来た。ポンプ車での注水作業をするため、全国から15人の作業員が川越に集められた。Aたちは丸川商事のポンプ車を使って彼らに使い方を教えた。しかし翌日、なんと作業員全員が逃げていなくなってしまった。
 27日には、中国・三一重工社製のアーム長62Mのポンプ車が福島に到着、注水作業を開始した。29日、ポンプ車を小名浜に残したまま、3人は四日市に戻ってきた。結局、中央建設と丸川商事のポンプ車は、使われることはなかった。
 小名浜の2台のポンプ車は被爆していることから、東京電力が買い取ることになった(※③)。4月、手続きのため長谷川は銀座の東京電力本社を訪ねた。債権者が列をなす中、中央建設への支払いは最優先で処理された。

苦い記憶とともに…

 長谷川や現地に行った社員たちにとって、今回の一件は苦い思い出になったようだ。3人は精神的にダメージを受けて帰ってきたし、子供が学校で「放射能がうつる」といじめられたこともあった。長谷川はしばらくの間、取材を一切受けなかった。
   「なんか全てが秘密のベールに包まれて物事が進んでいたような嫌な感じだった。不可解なことも多かった。でも、ま、自分で決めてやったことだから、仕方ないな」。

(※①)ネット上では、長谷川がポンプ車の提供を申し出てから3日間待たされたことについて「政府は当初、横浜港にあったブツマイスター社のものを使おうとした。しかし故障して現地に到着できるかどうか読めなくなり、中央建設に依頼した」と噂されている。
(※②)長谷川は生コンクリート圧送業者の協会「一般社団法人全国コンクリート圧送事業団体連合会」の役員をやっていたため、中央建設が52メートルのポンプ車を持っていることは、全国の同業者が知っていた。
(※③)中央建設は東京電力からの振り込みを待って新車のポンプ車を1台購入した。中古2台を売ったお金では新車の購入には若干足らなかった。
    ページのトップへ戻る