What’s New 三重の歴史

三重の地名由来考

三重県という県名は、偶然に成り行き的に出来てしまった県名である。精確に云うと、明治9年(1876)に第3次に成立した三重県の名が現在に続いている。明治4年(1871)に廃藩置県となって、現在の三重県の範囲は、およそ北半分が安濃津県、南半分が度会県となった。北半分の地域の県庁は、津の大門(津城の跡地)に県庁が置かれることになった。そこで県名は、県庁所在地の郡名を冠するという明治新政府の通達があったので、安濃津(安濃郡の津)県となった。その時には、現在の四日市市域は、安濃津県三重郡と安濃津県朝明郡となった。安濃津県が成立して、しばらくすると、県庁の位置が南に偏り過ぎているとの批判が出て、明治5年(1872)に県庁を四日市にあった旧四日市代官所(現在の中部西小学校の敷地)に移転することになった。四日市代官所のあった地域は三重郡であったので、県名は三重県(第1次)となった。が、1年も経たないうちに、南半分の度会県との合併する気運が出てきたため、また、県庁が津の大門に戻った。ここで本来ならば、もとの安濃津県に戻るはずであるのに、なぜか三重県の名が続けられた(第2次)。明治9年(1876)に三重県と度会県が合併して、現在の三重県が成立した(第3次)。もし、明治5年(1872)に県庁が四日市に来なかったら、三重県という名は存在しなかった。一方、三重県という県名の発祥地が四日市であったことはもっと知られて良いのではなかろうか。  

三重の地名由来で、通説となっているのが、奈良時代初期に書かれた「古事記(712年編)」の「ヤマトタケル伝説」の一節である。「ヤマトタケル」が<わが足、三重の匂(まがり)になして、甚(いと)疲れたり>と云って、その地を三重と名付けたという伝承から、「ヤマトタケル説」が云われている。が、これは誤りである。「ヤマトタケル」が東征の帰りに、伊吹の神(西美濃の豪族のたとえ)を討ち取りに行くが、逆にやられてしまい、体がボロボロになってしまう。「ヤマトタケル」は大和に帰ろうと、養老から多度・桑名を経て鈴鹿を目指すが、途中で疲労困憊してしまう。そこで言ったのが、<わが足、三重の匂(まがり)になして、甚(いと)疲れたり>。その地・三重がどこだったのか、三重の匂(まが)りをどう解釈するのかは、合理的客観的な仮説はない。四日市の南部にある、采女町の杖衝坂は、現在も急な坂道であるが、「ヤマトタケル」が腰の剣を杖代わりに衝いて、坂を登ったという江戸時代に書かれた伝記から、杖衝坂と名付けられている。「ヤマトタケルの時代」は古墳時代で、「クニ=国」と「クニ=国」が覇権を争う時代であった。終(つい)には、「ヤマト王権」に集約・統合した後に、地方豪族の戦いの様子が「ヤマトタケル」という個人的英雄談として創作された。「古事記(712年編)」が編纂された奈良時代(710~784)以前の飛鳥京(570~694)・藤原京(694~710)から出土した木簡には、「伊勢国三重郡」と書かれていることから、<まず三重の名が先にあって、それから古事記の記述に繋げたのであろう。神話の世界であり、記述の立証は不可能である。疑問符の付くような説は避けるべきだ>と、三重県の県史編纂グループが発表している。では、三重をどう解釈するのか。

三重という地名は、三重県に限ったことではなく、奈良時代に書かれた全国の「風土記(730年頃編)」には「ミエ」と呼ばれた地名が10数個ある。現在も大分県・長崎県・兵庫県に「三重町」がある。「ミエ」と呼ばれた土地は何を意味しているのであろうか。「ミエ」は歴史伝承には、まったく関係ない、自然地形から来ていると考える。拙論では「ヤマトタケル伝説」の「三重」は、古代の三重郡家(郡の役所)があった、采女郷(現在の小古曽町・内部町一帯)であったと考える。この地域の中心には、内部川が西から東へ流れ、4km下流で鈴鹿川と合流し、更に3km流れて伊勢湾に注いでいる。内部川は古代では打辺川とも書いたが、元々は三重川といった。鈴鹿山脈の鎌ケ岳に源を発する3本の川(足見川・鎌谷川・内部川)が丁度、現在の采女町の北で合流している。即ち、3筋の川が1本に重なり合ったところなので、「三重」の地名が発したのではなかろうか。または、采女の杖衝坂から、内部川流域を眺めると、幾重にも山並みが続いている様子、または、古墳時代の海岸線は、現在の丘陵地近くまで迫っていたので、入り江が幾重にも連なっている様子などからも「三重」の地名が発したのではなかろうか。

村田 三郎氏(四日市観光ボランティアガイド) 寄稿

(Visited 41 times, 1 visits today)

-What’s New, 三重の歴史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三重人物伝 / 立見直文

明治の日本戦史に於いて、立見直文ほどの名将はいなかったと思う。北越戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争に於ける彼の戦功は、めざましいものだった。しかし、乃木希典など他の有名な軍人たちと比べ、立見はさ …

プリンセスシンデレラ 三重

グルメブロガー / プリンセスシンデレラ

紹介した飲食店は2350件。三重の食べ歩きが好きな女性なら知らない人はいない超有名グルメブロガー、プリンセスシンデレラ。彼女が高評価をつける店にはお客が殺到するという。そんなカリスマ・インフルエンサー …

ノスタルジック写真館~三重に現存する近代建築、洋風建築、産業建築物たち~

旧東洋紡績株式会社富田工場 四日市市富州原町221-1(イオンモール四日市北内) イオンモール四日市北、通称「北ジャス」の中に建つレンガ造りのこの建物。現在では内装が一新され、飲食店等が営業している。 …

阿部俊樹 しなやかファーム

しなやかファーム / 阿部俊樹

脱サラして農業をはじめる人は少なくない。しかし、農業を始める前からSNSでその過程を発信し続け、野菜も作ってないのに「阿部さんの作ったきゅうりを食べたい」という人がたくさんいたという、超かわり種の農家 …

強さとは信じること~真鈴川先生の原稿を読んで

真鈴川整形外科(四日市市楠町)の院長で長年に渡ってリウマチ治療に取り組んできた真鈴川寛先生が、『北勢リウマチ友の会』の機関誌『銀河』に投稿してきた『リウマチの知識』という原稿を読む機会があった。 『リ …