三重の企業人たち

三重版、文字版の『プロジェクトX』

僕は以前、NHKでやってた『プロジェクトX』がめちゃくちゃ好きだった。ラスト近く、中島みゆきの『ヘッドライト・テールライト』がかかる頃には、非常に高い確率で泣いていた(笑)。

芸能人でも有名スポーツ選手でもない、いわゆる「普通の人たち」のことって、あまり語られることはない。でも彼らにもドラマがあって、それは「有名な人たち」のドラマに決してひけを取らないと僕は思う。そういう人たちにスポットを当てた『プロジェクトX』は、ほんと素晴らしい番組だった。

『プロジェクトX』があまりに好きすぎるあまり「三重版、文字版の『プロジェクトX』がやりたい!」と思ったのが、プラスを発刊した動機だった。

その想いは、今だ変わってはいない。

ヘッドライト・テールライト

中島みゆきさんの歌唱ではありません。
(Visited 506 times, 1 visits today)







-三重の企業人たち

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

株式会社プラトンホテル社長 / 佐野貴信

自分が従業員として働いていたホテルのオーナーになる。このドラマのようなサクセスストーリーを実現した男、佐野貴信。若い頃から「30歳になったら独立する」と決めていた彼のベクトルは、時に困難に直面しても、 …

オリンピアスポーツクラブ会長 / 森純孝会長

修行の転職、海外で直売。行動力が扉を開く  1850年に創業した森欽窯業株式会社。代々受け継がれ、現会長・森純孝で5代目となる。純孝は昭和18年、四日市市生まれ。大学卒業後、森欽窯業株式会社に入社する …

三重綜合警備保障 竹内裕

三重綜合警備保障株式会社会長 / 竹内裕

住民の安心・安全を見守る三重綜合警備保障株式会社。常に時代のニーズに合わせたセキュリティシステムときめ細かなサービスを提供している。これからの警備会社に必要なのは、現場への急行だけではなく、見回りや子 …

オススメ本 その1

マイクロキャビン創業者 大矢知直登さんのオススメ本 永遠の0(ゼロ) 百田尚樹 著  人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。元戦友たちの証 …

マイクロキャビン 田中秀司

株式会社マイクロキャビン社長 / 田中秀司

パソコン黎明期の1980年代に「ミステリーハウス」「めぞん一刻」などのゲームをヒットさせ、パソコンゲーム業界で不動の地位を確保した株式会社マイクロキャビン。現在は事業環境の変化に適応しつつ、これまでに …