首長インタビュー

末松則子 鈴鹿市長

鈴鹿という街をどのように変えていくかを構想する。これが、市長のひとつの醍醐味です

マイクロキャビン創業者・大矢知直登がホストを務める「プラス対談」。今回のお相手は末松則子鈴鹿市長。東海三県で初の女性市長に就任して3年が経ち、鈴鹿の顔としてますます輝きを放つ末松則子市長。今回、大変お忙しい中、本誌のインタビューに快く対応していただいた。幼少の思い出から市長への道のりまで、なかなか聞くことのできないユニークで貴重なお話をうかがうことができた。

小さい時は、引っ込み思案のごく普通の女の子

大矢知 幼少期はどんな少女でしたか?

末松 小さいときは人見知りを結構しましたし、いつも母や先生の足をつかんで隠れているようなタイプでしたね。『幼稚園の教室の一番隅にいて、常に誰かが何かやったことを後ろから真似る』と母がよく言っていました。絵を描くのも、みんなが描き終えたくらいから、やっとこさ描き始めるというようなのんびり屋でしたし。ちょっと人見知りで引っ込み思案というようなタイプの幼稚園児でしたね。

大矢知 お生まれは?

末松 東京なんです。父が長いこと山本幸雄先生の秘書をやっていたので、小学校6年生になるまではずっと東京にいたんです。小学校6年生になって、父が三重県で県会議員に出馬するということで、家族みんなで引っ越してきたんです。

大矢知 東京のどのあたりだったんですか?

末松 生まれたのは三鷹なんですが、その後に赤坂にいまして、その後に三軒茶屋で小学校まで過ごしました。東京にいるときは父が政治家になることはないと思っておりましたので、練馬にマイホームを買ったら,買ったとたんにこっちにきたっていう感じでね。一番長くいたのは三軒茶屋ですね。三軒茶屋の街で、車がガンガン走ってネオンがキラキラしているのを見て育ったので、こっちに来たら静か過ぎて戸惑いました。最初に耳にしたのは、カエルの鳴き声と稲がサラサラと揺れる音で、かえって全然眠れなかったんです。

大矢知 電車が短いのにも驚きました?

末松 本当ですよね。短いんですよね。それと東京では、しょっちゅう分刻みで電車がきますよね。それが当たり前だと思っていたので、こっちに来て長時間電車を待たなきゃいけないことに驚きました。(笑)

大矢知 三軒茶屋での小学校の頃はどんなお子さんだったんですか?

末松 三軒茶屋の小学校の頃は、いたって普通の子と変わりませんでしたし、父がまさか政治家になるとは夢にも思っていませんでしたので、それこそ、中学、高校も私立をお受験しようと思っていていたんですね。なので、電車で塾に通ったりだとか、月曜日はお習字して、火曜日はバレエにいって、水曜日はピアノを弾いてお絵かきをして…というような毎日を過ごしていました。母も、まさか三重にきて父がそんな風になるなんて思ってもないですし、娘もこんな風になるなんて思ってもいなかったんですよね。

大矢知 お父様は、その当時おいくつだったんですか?

末松 まだ30代でしたね。父は25歳で、早稲田にいっている頃から、山本先生の書生に入りましたので、20代の時からずっと政治に関わっていることになりますね。三重県に来たときが、37歳ですので、決断したのは35歳か36歳頃だと思いますね。

子供の頃から政治の世界が身近な存在

大矢知 なにか心に残っている思い出などありますか?

末松 引っ込み思案だった私ですが、小学校の4年生のときに、学級会で初めて手を挙げて発言をしたんですよ。今にしてみればたいしたことないんですが、その時自分のなかで何かが吹っ切れたような気がして。手を挙げて自分がどのようなことを言ったらみなさんに共感してもらえるのか、どういう風にお話をしたらみなさんとキチッと意見交換ができるのか。ということを体感しましたね。

大矢知 その時、急に目立ちたがり屋さんになってしまったのかな?

末松 そうかもしれないですね。成績もそんなに悪くはなかったですし、運動神経もそこそこで、そんなに目立つほうではなかったんですが、多分、目立ちたがり屋さんのお友達が何人かいて、そういうお友達がカッコイイと思ったんでしょうね。

大矢知 クラスのアイドル的存在ではなかったんですか?

末松 そんなことはありませんでした。本当にごくごく普通でしたよ。
私には妹がいまして、二人一緒に、幼少期を過ごしてましたね。三重に引っ越してきたのは小学校6年生の二学期からです。

大矢知 …と、いう事は、中学受験はできなかったんですか?中学、高校も私立を受験しようと思っていていたとのことでしたが、こっちは私立中学も少ないですよね。

末松 父が、私立中学にいっても、私立高校に行っても一票にもならないから、公立にいってくれと。(笑)
それで鈴鹿市立神戸小学校、神戸中学校に進み、三重県立神戸高校に入りました。中学校と高校ではソフトボールをやっていました。前か後ろかわからないぐらいに真っ黒に日焼けしていました。

大矢知 スポーツ少女だったんですね。まさか自分もお父様と同じ世界に進むとは思ってなかった?

末松 全然思っていませんでしたね。でも、父が政治の仕事をしていた事で、選挙を普通に応援していたと思います。街宣車にも乗りましたし、応援で一緒についてまわったり、運転手もしていました。

大矢知 そういったことはすでに身についていたんですね。

末松 そうですね。生まれたときから身近な人達の中に政治家という仕事をしている方が何人もいましたのでね。赤坂にいたときは、父の仕事柄,議員宿舎に出入りしていたので、まわりは大臣や代議士の方ばかりでしたし、顔を合わせたり、声をかけてもらうことが多かったことは、小さいながら記憶に残っています。ですから、政界はそんなに珍しい世界ではありませんでした。

大矢知 そんな方々を見てきたから物怖じしなかったのかもしれませんね。

末松 そこで育ってましたからね。衆議院の選挙の時はテレビ番組を観るときも母と一緒に観て一緒になって手を叩いたりしていましたね。

大矢知 それは鈴鹿市民の方たちも知らないような事ですね。ところで、小学校のお友達で今でも付き合いのある方はみえますか?

末松 東京の三軒茶屋のマンションで一緒だった方に連絡をとったことはあります。

大矢知 幼いころの友達って大きくなるにつれ、いなくなっていきますよね。

末松 離れてしまうとなかなか連絡も取らなくなりますよね。この歳になるとみなさんそれぞれご家庭を持っている方もいらっしゃいますし、遠方に越してしまう方もいますしね。とくに女性は環境が変わりますしね。

大矢知 幼いころからバレエ一筋だったということですが、他に趣味などありましたか?

末松 鈴鹿にきてからバレエや、ピアノはさっぱり忘れてしまいましたね。もし、今でもやっていたらどこかでピアニストになっていたかもしれないし、他に何か違う世界に生きていたかもしれませんね。

大矢知 人生どこで変わるかわかりませんからね。今のお話を聞いていると、中学・高校と普通に育ってきた感じですね。お父様が一大決心されたのが、ずっと影響してきているみたいですね。

末松 そうですね。大きな転換でしたね。中学、高校時代はとにかく、ソフトボールで一試合でも多く勝ち残りたかったです。大矢知さんはお父様の影響でいまのお仕事を?

大矢知 うちの家系は代々みんな全然違う職業についているんですよ。親父は電気屋だったんで、電気工学科があった鈴鹿高専に入って、それから電気屋を4年くらいしましたね。それから、パソコンに出会って自分でゲーム会社始めたんです。25歳で始めて、30歳くらいのときは日本でも有名な会社になったんです。僕は運がいいと思うんです。

末松 私も運は良いと思いますね。タイミングとかもありますしね。

手厚いバックアップと皆さんの後押しを力に

大矢知 ピンチのときなどに自分が思ってもみなかった方向から助け舟をもらったとか、誰かが助けてくれるってことはありましたか?

末松 はい、支援者の方などアドバイスをしてくれる人は沢山いらっしゃいます。

大矢知 県議選に出馬するいきさつを教えてください。

末松 キッカケは父の用事で斎藤十朗先生の事務所にお伺いした時のことです。斎藤先生から『平成15年の県議選にぜひ三重県から自民党の女性議員を出したいんだけど、自民党だと地盤と知名度が必要なんだが、末松さん、どうや』と薦めていただいたんです。ですがその時は父の運転手としてついてきただけだったので、『私は全然そんなことは考えてません。』と言いました。急に言われましても、家族にも相談しないといけないし、全然考えてもいなかったのでその時は、お断りさせていただきました。

大矢知 それで、諦めたんですか?

末松 いえ、それでも先生は『則ちゃん、地盤も看板もスタッフも全て私が面倒見るから』と言ってくださったのですが、私は、その気はありませんでしたので、その後もお断りしていたんですが、当時、私の上の子供が通う保育園で、保育とか福祉とか教育とかどんどん変わっているのに、現場のことをわかってくれる議員さんがいない…という話になって。息子の担任の先生に『やっぱり男性にはピンとこないこともあるし。末松さん、一度チャレンジしてみたら?もし出馬するのであれば、末松さんは、保護者会もPTAもやっていてくれていたから、歴代のPTAの方々や、保育士も全員、応援頑張るわよ』と背中を押されたんです。それで初めて、女性の議員が必要とされる時期なのかなと思いましたね。

大矢知 反対する人はいなかったのですか?

末松 何人かに相談に行ったら、反対されましたよ。その中で、お世話になっている奥様に『まだ子供が小さいんだから、まずはしっかり子育てをして、それからでも女性の社会進出は遅くない。小さい子供の子育ては後からじゃ間に合わないんだから』ということを言われました。けど、それは議員や選挙をすることに反対というのではなく、今が、その時期なのか?という事を母親の先輩として言ってくださったんです。もう一方で、同年代の方々は『応援するから、一生懸命頑張って。働いているお母さんたちの味方となって、意見をどんどん社会に出して欲しい』ということも言われ、ひたすら悩んで考えました。

大矢知 お子さんが小さいと悩みますよね。

末松 そうですね。うちの父は大反対でしたからね。

大矢知 お父様も反対されたんですか?

末松 父も、母も大反対でしたよ。

大矢知 ホームページを見た際、お父様に頼まれたのかと思いました。

末松 皆さんそう言います。でも父は大反対でしたよ。多分私も、今うちの子供たちが出ると言ったら大反対しますね。

大矢知 状況がわかっているからね。

末松 選挙も苦労も、どういうもので、どういうふうになっていくのかがわかっていますからね。それで、家族会議を何度も繰り返しました。父は平成11年に市長選に落選しており、それから4年間ブランクがありますので、それこそ後援会の方とか、お友達に何回も集まっていただきました。

厳しい父に叱咤されながら…

大矢知 それからどうやって選挙に出るまでに行き着いたんですか?

末松 結局、後援会の皆様方からも『お父さんの後援会がまだ残っているし、やるんだったら今だろう』ということで、改めて皆さんにご理解とご了解をいただき、決意しました。それで、9月1日から多くの皆さんにお願いをさせていただきました。1日300人~500人にお会いしないと、父が家にあがらせてくれないんですよ。『自分でやるって言ったんだから』、『どこに行ってきたんだ。』などと、とにかく厳しかったですよ。そして、どこに行ったかを報告して、父の反応などを全て聞いていたんです。一度、家に帰ってからも、『もう一度21時まで行ってこい』と言われてまた出される。ということもありましたよ。

大矢知 お父様、スパルタですね。

末松 それからずっと、9月から毎日カレンダーに予定をつけて、リーフレットと名刺を持って活動していました。そのうちに、最初は1人で歩いていたんですけど、父の時にお世話になった地域の方々が、『1人だと可哀想だから一緒に歩いてあげる』と応援していただきました。最終的には、靴も3足つぶしました。

大矢知 苦にならなかったんですか?

末松 やっぱり、苦にはなりますよ。だって、全然知らない方に『末松です。よろしくお願いいたします。』とご挨拶しても『ああ、そうか』とほとんど無視される方もおられますし、他の政治家の支持者の方だと、靴を投げつけられたりもしましたね。

大矢知 心折れませんでした?

末松 そりゃあ、折れますよ。『なんで私、靴投げられやなあかんのだろう』と思いましたよ。そんなことが延々と続きましたからね。

大矢知 それだけ回ると鈴鹿の地名ほとんどわかるでしょう?

末松 もうほとんどわかりますよ。誰がどこにいて、何をなさっている方かも大体わかりますね。それくらい毎日毎日ひたすら歩いていました。その地道な活動が功を奏し、大勢の方に集会にご参加いただいたり、握手した人に覚えていただいたりしてきたんですね。その一方で、鈴鹿では女性の議員が選挙に出るのが初めての事で、まだまだ女性が認められるには時間がかかるんだな、と実感しました。

市長になることで見えてきた鈴鹿市民の本音

大矢知 他市には女性議員もお見えでしたか?

末松 三重県議会では、当時松阪選出の福山瞳さんという方が教職員組合から出られており、その方1人だけでした。その方も44年ぶりの女性議員だったんですね。私は、福山先生が出てから、8年ぶりの2人目だったんですよ。鈴鹿からの女性議員はもちろん初めてでしたし、ちょうど鈴鹿市選挙区の議席数が5から4に減るタイミングだったので、鈴鹿の市民に受け入れていただけるのか、という不安でいっぱいでした。皆さんには『もうちょっと目立つ選挙しなきゃだめなんじゃないか』とか散々言われましたけど、ひたすらお願いするだけでした。

大矢知 市長の性格が良かったということですね。

末松 個人演説会など開くと、場内には2~3人しか来ていない・・・とかね。それでも、めげずに話をするんですよ。でも、話を聞いてくれた人が、次の時には、人を連れて来てくれるんです。

大矢知 それは素晴らしいですね。

末松 それで、フタを開けてみたら2万票になってたんですね。

大矢知 鈴鹿の方は、何票くらいで当選確実なんですか?
末松 鈴鹿で県会だと、大体1万5千票ほど獲得すれば・・・という感じですね。

大矢知 レベルが高いですね。

末松 先ほど申し上げたように、鈴鹿市選挙区はそれまで議席が5だったのが4に減った時だったんです。そこに5人立候補していたんですよ。

大矢知 1人落選するっていうことですね。

 僕は政治家を志したことはないのですが、例えば議会で壇上に立つ姿、それが格好良いと思うんですよ。要するに、一般市民の代表じゃないですか。対、市役所みたいな構図があって。今は逆になってますね。それは、悪い事じゃなくって、いい方向に行政を導いていくというのは、本当に格好良いなと思います。当時、そういうことを経験されているという事ですね?

末松 そうですね。三重県では、平成7年から平成15年に知事をされていた北川正恭さんが、行政改革、情報公開、地方分権などに熱心に取り組まれていましたが、県議会でも、平成8年に議会改革検討委員会を設置するなど、積極的に改革を進めていましたので、当時の三重県議会は、議会改革真っ只中の、全国ナンバーワンの先進議会だったんですよ。それでいろんなところに視察に行ったり、いろんな議員さんたちと、意見交換もさせていただいたんですが、『なんて他の議会は遅れているんだ?!』と思いました。三重県はやっぱり進んでいるなと実感しました。だから、どうやって地方行政を変えていくか。どういうふうにしていったら地方議員の地位と使命が確立できるか?という事に、当時の当選組はみんな燃えていました。

大矢知 それでは最後に、市長になってよかったと思うことを教えて下さい。

末松 やはり、議員をやって良かったのは、地方がどういうふうであるべきなのかというのをよく勉強させていただいた事です。いろいろな政策の提案や、執行部のチェックなど、そういう事を8年間ずっとさせていただいたことが身につきました。一方、市長に立候補した以上は、どのような街づくりをしていくかを明確にする必要があります。県の場合は、広域自治体であるという性格上、直接住民の皆様と対話をする機会が、基礎自治体である市に比べると少なくなり、どうしても中二階的な形になりますが、そこを市長になり、一階に降りてくることで、市民の皆様が本当に求めていることが、どういうことかがよくわかります。市長や市議会議員さんや、市役所の職員さんも直接市民の皆様がこられますので、逃げられないですよね。逃げられない中でその方たちに、どういう市民サービスが必要かということがわかるようになり、それらができるようになったということは、大変素晴らしいことです。今後ますます鈴鹿という街をどのように創っていくか、どういうふうに変えていくかを構想する。これが、市長のひとつの醍醐味であるというように思えます。

大矢知 なるほど、夢が広がりますね。

末松 はい、その一方で、この間も災害の話がありましたけど、どうやって生命、財産を守っていくか…という事のなかで、決断をしなくてはならない。20万人の市民の生命を1人で背負っているわけではないのですが、それくらいの重みがある職責だと思っています。決断を押し迫られたときは、間違った決断をしないように、いろんな方のご意見や、お話を聞いて、決断をしていかなくてはならないと思いますね。しかし、災害の際には、本当に時間がないので、日頃から情報収集をしたり分析をする。常にアンテナを磨いておかないといけませんね。

大矢知 いいお話がうかがえました。今日は本当にありがとうございました。

-首長インタビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

櫻井義之 亀山市長

櫻井 義之 四日市看護医療大学学長 丸山康人がホストを務める「プラス対談」。今回のゲストは櫻井義之亀山市長。20年に一度行われる「東海道関宿東追分一の鳥居お木曳き」を数日後に控え、たいへんお忙しいにも …

岡本栄 伊賀市長

「みんなが持てる力を上手く発揮できるためにリーダーシップをとればいい」親市民派市長がめざす住民にとってのプラスとは?限られた時間内で何をすべきか? 数多の課題の中から、時機に合わせて選び出し、集中して …

石原正敬 菰野町長

マイクロキャビン創業者・大矢知直登がホストを務めるプラス対談。第二回に登場して頂くのは、石原正敬菰野町長。そのスマートな外見からはイメージできないが、理論より実践をモットーに、信念を持って政治に取り組 …

日沖靖 いなべ市長

四日市看護医療大学 学長 丸山康人がホストを務める「プラス対談」。今回のお相手は日沖靖いなべ市長。大変お忙しい中にもかかわらず、本誌のインタビューに快く対応していただいた。幼少の頃の思い出から市長への …

鈴木英敬 三重県知事

マイクロキャビン創業者・大矢知直登がホストを務める「プラス対談」。記念すべき第一回のゲストは鈴木英敬三重県知事。三重県の若きリーダーは、吉本芸人ばりの関西弁で歯に衣きせずズバズバ話す、パワーの塊のよう …